仮面

Mask

Makotoは美術学生の頃、様々な技法を学んだ。ヴェネチアのカーニバルの仮面制作も、そのうちの一つ。

2013年、「同一化と特性」というテーマの美術コンクールに応募する為、仮面制作を再開。顔は、人間の特性を強く表す部分であるが、もし皆の顔が真っ白だったら同一化してしまう。と同時に、複数の白い仮面を展示することで、強い特性を生み出す。

Makotoは和紙も使用する。ヴェネツィアの技法と日本の素材、2つの伝統、西洋と東洋の融合でも有る。