Makotoって誰?

Makoto
プロフィール:

前橋に生れる。幼少の頃、 レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザを見て美術家を志す。
1986年、東日本アート・デザイン専門学校・学校長賞・受賞。在学中に現代美術の世界を知り、立体の勉強を続ける事を決意する。
1987年、同校・アート・デザイン学科(前橋市)・卒業。渡伊。ローマ国立美術アカデミー・彫刻科・入学。
1988年、カッラーラ国立美術アカデミー(マッサ・カッラーラ県カッラーラ 市)・編入。ミケランジェロも滞在した大理石の町カッラーラで、彫刻の修行に励む。
1992年、同校・彫刻科卒業。ミラノに拠点を移し活動中。

90年代初めから「白い人間の抜け殻」を使ったインスタレーションを、イタリア・ミラノを拠点にヨーロッパにて多数発表中。2012年、ニューヨークのザンク・アンド・マース・LLC主催、「第五回100人展」にて受賞。2013年、トリノでの「プレミオ・オーラ・イタリア・2012」、ミラノでの「ナンバー・エックス」、そしてブエノス・アイレスでの「プレミオ・オーラ・インターナショナル・2013」と、それぞれの国際アート・コンクールにて受賞。

2015年は、「ミラノ万博・日本館」にて進行ディレクターを担当。2016年「ベネチア国立考古学博物館」では、3Dテクノロジーを使った個展を開催。音楽家や舞踏家達と「中之条ビエンナーレ2017」および「中之条ビエンナーレ2019」の公式イベントとしてライブパフォーマンスショーを行う。2019年ミラノのパオリーナ・ブルニャテッリ財団にて、レオナルド・ダ・ビンチ没後500年記念の展覧会を企画し作品発表。

画家、ダンサー、音楽家、デザイナー、写真家、詩人、俳優等、様々なジャンルのクリエイター達とのコラボレーションを精力的に行う一方、パフォーマンス、TV、ビデオ、コマーシャル等に出演。イタリアの巨匠エルマンノ・オルミ監督の作品、「カンタンド・ディエトロ・イ・パラベンティ」(Singing Behind Screens)に準主役として出演もしている。また2020年公開予定の、ジョニー・デップ主演映画にも出演。